人気ブログランキング |
ブログトップ

自然がいっぱい

okuryu.exblog.jp

 福井の片田舎に住む、生き物が大好き人間です。身近に見られる動植物の観察した記録をお届けします。  

窓から見える景色の中に イソヒヨドリとセグロセキレイ

  待ちに待った、新兵器がやってきた。シグマの50-500mmだ。さっそく7Dに付けてみた。けっこう重い。短時間なら、何とか振り回せそうだ。あいにくの天候で、野鳥観察には不向きだが、窓から見える野鳥をとりあえず撮ってみた。


b0226796_20255194.jpg
  部屋の窓から20mぐらいの所にある農作業用の小屋に、いつもイソヒヨドリがやってくる。じっと動かずに何を見ているのか、ほぼ毎日同じ所にやってくる。同じ個体だろうか。




もし、よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村







b0226796_202914.jpg
  ちょいとトリミングした。くちばしを少し上に向けて、いつものポーズだね。
  南向きの窓なので、どうしても逆光気味になる。少々露出補正しながら撮ってみた。ピントの速さについては、けっこう気に入った。TAMRONの200-500mmとは雲泥の差である。CANONの白いレンズと比べてどうなのか?本当は、もっと近づいて撮るとよい結果が出ると思うのだが、この条件ならこれで良しとしよう。


b0226796_20361935.jpg
  小屋のすぐ上を通っている電線に、セグロセキレイがやってきた。ちょいとトリミングしてみた。


b0226796_20383232.jpg
  今度は、もっと手前に降りてきた。後ろにある田んぼの二番穂が、黄色くぼけてかわった背景になった。さすがに、500mm端ではぼけ方もすごい。


b0226796_20412321.jpg
  このサイズの鳥なら、やはり10~20mまで近寄らないとどうにもならないようだ。とりあえず、手持ちでも何とかいけそうだが、一脚もしくは何かに載せて、半手持ちがよいと思う。確実にしたいときは、やはり三脚があった方が良いと思った。まだまだ修行が足りません。というより、筋トレが必要だと思った。
by okuryunoblog | 2011-12-07 20:49 | 野鳥