ブログトップ

自然がいっぱい

okuryu.exblog.jp

 福井の片田舎に住む、生き物が大好き人間です。身近に見られる動植物の観察した記録をお届けします。  

雨に濡れて  コハクチョウ

  一日中、雨である。農作業もできそうにないので、撮影に出た。といっても、この雨では虫も少ないだろうし、鳥も小物は無理だろう。
  というわけで、コハクチョウを見に行った。


b0226796_18424044.jpg
  雨が降っているので、少ないかなと思ったが、いるいる。雨は全然気にしないようだ。


もし、よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村







b0226796_18475938.jpg
  成鳥に混じって、幼鳥もいる。体全体が、灰色っぽい。成鳥のくちばしで黒い部分が、幼鳥では赤っぽくなっている。体のサイズは、ほとんど変わらない。目の周りに、アイリングがある。成鳥では、全体が白いので気がつかなかった。


b0226796_18501871.jpg
  しきりに水の中に頭を突っ込むため、成鳥も首から上が茶色っぽくなっている。よく見ると、目の周りが白くアイリングになっている。
  それにしても、羽を広げたとき内側がずいぶん白い。これが本来のハクチョウの白さなのであろう。

b0226796_18534079.jpg
  一羽だけ、道路に出てきた。何となく、いたずらをしてしかられた子のように歩いている。


  最後の写真からもわかるように、ここは住宅地に近い水田である。冬水田んぼをしている大きな水田が2枚ある。他にもいっぱい水田があるのに、コハクチョウがやってくるのはこの水田だけである。以前から、持ち主の人がこだわりのある水稲栽培をしているらしい。それが、分かってやってくるのだろうか。今年は、昨年より多くのコハクチョウが来ている。私の水田にも来て欲しいところだが、トラクターで念入りにかき回さないと水持ちが悪くて、コハクチョウのエサとなる二番穂や落ち穂がすべて泥の中に埋まってしまう。まあ、コハクチョウは無理だろう。ドジョウが増えてきたので、せめてサギのエサ場になればよいと思う。
by okuryunoblog | 2011-11-19 19:04 | 野鳥