ブログトップ

自然がいっぱい

okuryu.exblog.jp

 福井の片田舎に住む、生き物が大好き人間です。身近に見られる動植物の観察した記録をお届けします。  

小春日和の中で カナヘビ

  ちょいと以前の画像を出してみた。
  10月末の土曜日、びっくりするほど暖かい日だった。こういうのを小春日和というんだろうか。我が家の庭に朝日が当たり始めるころ、カナヘビが草むらから出てきた。


b0226796_19483980.jpg
  右の前足と後ろ足を寄せて、左の前足と後ろ足が離れている。次にその逆になって、それを交互に繰り返して歩く。実は、カナヘビを立たせて二本足で歩かせたとすると、人間が歩くのと同じになる。イモリも同じ歩き方だ。 



もし、よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村







b0226796_19532882.jpg
  光が充分に当たるところへ出てきた。暖かいだろ。ゆっくりひなたぼっこするといいね。


b0226796_19545024.jpg
  とくに逃げようとしないので、さらに近づいた。見事にうろこがよくわかる。


b0226796_19562534.jpg
  さすがに気づいたのか、向きを変えた。そのまま草むらに逃げていった。せっかくのひなたぼっこのじゃまをしてしまったらしい。

  この時期、冬に向かって爬虫類も両生類も姿を隠しつつある。この日は、特別暖かかったせいか、カエルにトカゲ、イモリまで元気いっぱいだった。私の地元である里地里山は、晩秋を迎えている。あちこちの家の軒先に、つるし柿がぶらさげられ始めた。今年は、柿が豊作の年だ。我が家でも、200個ほどつるした。昨年は、実にうまく仕上がったのだが、今年はどうなるか。楽しみである。
by okuryunoblog | 2011-11-08 20:07 | トカゲ類