人気ブログランキング |
ブログトップ

自然がいっぱい

okuryu.exblog.jp

 福井の片田舎に住む、生き物が大好き人間です。身近に見られる動植物の観察した記録をお届けします。  

花弁の蜜は、誰のため? アケボノソウ

  秋が深まってくると、私の好きな山野草が次々と咲き始める。このアケボノソウもそのひとつだ。


b0226796_17313731.jpg
  福井県では、特別珍しいわけではないが、あちこちにあるわけでもないようだ。初めて出会ったのは、4年前だったか?




もし、よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村







b0226796_17345936.jpg
  私の家から、ほんの少し離れた所で見つけた。たった一株しかなかったが、その可憐さに思わず見とれたものだ。翌年には、その場所では見当たらず、その後も見つけることができなかった。


b0226796_17375789.jpg
  この花は、リンドウ科のセンブリ属に属している。普通、花弁は5枚であるが、4枚の場合も結構あるようだ。


b0226796_17415434.jpg
  白い花弁に黄色い模様が入る。いや、模様だと思っていたのは、実は蜜線だった。不思議な植物だと思った。アケボノソウの名称は、この蜜線を夜明けの星に例えているのだそうだ。


  今回、町内の林道(作業道路)の草刈りをしているときに、群生地を見つけた。草刈機で刈ってしまう前に、引き抜いて持ち帰り、我が家のビオトープ付近に植えた。アケボノソウは、二年草なので花を咲かせたあと枯れてしまうかも知れない。種がこぼれて育っても二年後のことになる。うまく定着するかどうか分からないが、来年も移植してみようと思った。
by okuryunoblog | 2011-10-19 17:52 | 植物